<< 「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動(産経新聞) | main |

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ライブ用音響セットでボリューム”限界上映”――第3回爆音映画祭(Business Media 誠)

 第3回爆音映画祭が、吉祥寺バウスシアターで開催される。これは、映画用の音響セットではなく、音楽ライブ用のものを使い、ボリューム限界の大音量で映画を鑑賞するもの。2008年に始まったこの試みは、今年で3回目となる。

 上映プログラムは、映画祭事務局セレクションが15本、特別セレクションが6本、リクエスト上映作品が3本、国内初プレミア上映が2本の合計27本。また、シアター2では爆音上映ではない上映や関連イベントなども企画される。

 特別セレクションには、クエンティン・タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」や、大林宣彦監督の「HOUSE ハウス」、大友克洋監督の「AKIRA」など。リクエスト上映では、豊田利晃監督の「蘇りの血」、園子温監督の「愛のむきだし」、2003年の解散ライブを撮影した「ミッシェル・ガン・エレファント“THEE MOVIE“ -LAST HEAVEN 031011-」を上映。

 映画祭事務局は、「大音響の中で、かつて見たことのある映画がまったく新しい映画として蘇ってくる、いわば『映画の再生』の瞬間に立ち会える喜びを、多くの人と分かち合いたい」という。一説には通常上映の3倍以上の音量ともいわれる爆音上映、体験してみるのも悪くない。

 第3回爆音映画祭は、5月28日から6月12日まで。チケットは、一般上映枠の当日券が1300円(3回券は3500円)。【岡田大助】

【関連記事】
『アバター』と『イングロリアス・バスターズ』どっちがファンタジー?
女子の夢『ニュームーン/トワイライト・サーガ』VS. 男子の夢『空気人形』、どっちがイタい?
『サマーウォーズ』サイバーテロと『サブウェイ123 激突』ハイジャックテロ、どっちが嫌か?
『蟹工船』の新庄と『ハゲタカ』の鷲津、今の時代に欲しいのはどっちだ?

<訃報>石橋博良さん63歳=ウェザーニューズ会長(毎日新聞)
沖縄県民説得へ努力=前原担当相(時事通信)
国交省課長補佐を逮捕=酔って駅員に暴行―神奈川県警(時事通信)
<原爆症訴訟>78歳女性を認定 千葉地裁判決(毎日新聞)
ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • 20:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
主婦 キャッシング
ライブチャット
債務整理 無料相談
レンタルサーバー 格安
オークス
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM